りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

025. iPadでもMagic Mouseを使えたら便利なのにね!

Magic Mouse(マジックマウス)

Magic Mouseについて

今回は、今更ながらMagic Mouseについてです(上の写真はMagic Mouse I)。

以前MacBook Airをメインマシンにしていたとき、Magic Mouseは持ってはいましたが、ポインティングデバイスは、MacBook本体のトラックパッドを使っていました。最近はiMacが母艦ですが、ここでもMagic Trackpadを使っています。でも、久しぶりにMagic Mouseをひっぱり出してiMacで使ってみると、良く考えられたその操作性に感心します。

macOSでのMagic Mouseの機能

今更ですが、macOSでは、Magic Mouseにこんな便利な機能が割り当てられています。

スクロール

SafariなどでMagic Mouseの表面で指1本を前後に滑らせると、表示がスクロールします。

1本指の縦スワイプでスクロール

進む、戻る

Magic Mouseの表面で指1本を左右に滑らせると、Safariで素早く「進む」、「戻る」ができます。

1本指の水平スワイプで進む・戻る

一部拡大

Magic Mouseの表面を、1本指でダブルタップすると、Safariの表示を拡大できます。「写真」アプリでも、画像が拡大されます。

1本指のダブルタップでズームイン

Mission Control

Magic Mouseの表面を2本指でタップすると、ウィンドウや仮想デスクトップがタイル状に表示されるMission Control状態になります。

2本指のダブルタップでミッションコントロール

仮想デスクトップ、全画面アプリの切り替え

Magic Mouseの表面で2本指を左右に滑らせると、仮想デスクトップ間、もしくは、他の全画面アプリ間を移動できます。

2本指スワイプでフルスクリーンアプリや仮想デスクトップの切り替え

Mailでメールの削除

削除したいメールの上にカーソルを置き、Magic Mouseの表面で指を左に滑らせると、メールを削除できます。

スワイプしてメール削除

使い心地

クリック感→プレス感

Magic Mouseでのクリックは、上面の湾曲したパーツ全体をプレスする方式。スイッチは、カチッカチッとハッキリしているので好きです。普通のクリックは、人差し指と中指の二本でプレス可能。右クリックするときは、人差し指を浮かせて、中指だけで(右側を)クリックする必要があります(設定で左右変更可能)。

カーソルの追従性

光学センサーは、先端に近い、マウスを握ったとき人差し指と中指の先の真下あたりにあるので、手首から先だけでマウスを動かした感覚と、マウスカーソルの動きが、ピタリと合っている感覚があります。

Magic Mouseの光学レンズ

豊富なMagic Mouseの機能がiPadでも使えたらいいのに

これらのMagic Mouseの機能、キーボードを付けたiPadでも使えるようにしてほしいですよね。
スクロールや、進む・戻るだけでなく、2本指タップでコントロールセンターを起動したり、2本指スワイプでアプリを切り替えたり、できたら便利だと思いません?

「そうなるともう、iPadじゃなくなる」という意見があるかもしれませんが。。でも画面にマウスカーソルが表示されてマウスが使えるようになったとしても、タッチ機能もONのままなら、使い勝手の良さが削られる訳でもないし。

特に、表計算ソフトなどでコマゴマした部分の操作性が、格段に上がると思います。

10.5インチiPad ProとMagic Mouse

 注意!)Magic Mouseは、横に置いてみただけです・・。

まとめ

iPadにキーボードを繋いで、PCライクに使う場合には、マウス、特にMagic Mouseが使えたらいいなと思います。アプリの切り替えや、表計算などの生産性アプリの操作が便利になります。普通のマウスは要らないので、Magic Mouseだけでもいいから、ぜひiPadで使えるようにしてほしいっ、という願望を書いてみました。

(もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。なおプロフィール写真は、私が小学生のころ(数十年前)のものです)

次の記事は...

ringodougu.hatenablog.com

記事一覧(ブログトップ)へ