りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

009. 10.5インチiPad Pro用キーボードケースLogicool SLIM COMBO(iK1092BKA)をレビュー

Logicool SLIM COMBO(iK1092BKA)のレビュー

 先日の記事で、愛用していた9.7インチ版iPad Pro用のキーボードケース Logicool CREATE(iK1082bk、以下『CREATE』)の使用感について紹介しましたが、今回は、ついに10.5インチ版iPad Pro用のLogicool社のキーボードケース SLIM COMBO(iK1092BKA)を購入したので紹介します。購入を検討されている方の参考になればと思います。

開封

 化粧箱はいつものLogicool品質。きれいな仕上げの丈夫な箱です。同社の他製品と同じく、側面にはマグネットが仕込んであり、フタがパコンと閉まるようになってます。

“Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-box”

 箱も頑丈です。

“Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-box-opened”

 上にキーボード。その下に本体ケース部分が収納されてました。

同梱品

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Keyboard

 キーボードです。上端がiPad proにつながるSmart Connectorを含むマグネット部分。キー部分には、Apple のSmart Keyboardにはないファンクションキーがあり、画面の明るさや音量の調整、動画や音楽のコントロールができます。キーの手前には、狭いながらもパームレストがあるのがわかります。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Keyboard

 キーボードの裏側。同社お得意のファブリック素材が貼り付けられていたりします(^^。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Case-inside

 ケースです。上にあるつまみみたいな部分は、Apple pencilを収納するループ部分。スムーズに入りました。9.7インチ版CREATEは、iPadの上1/3をホールドする形式でしたが、本品では、iPad用ケースによくある、四隅を固定する形式に変更されています。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-with-Apple-Pencil

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Case-outside

 ケースの裏側には、背面を支えるキックスタンドがあります。スタンドの下端には、立てたときの滑り防止のためのゴム足があります。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Case-Kickstand

 キックスタンドを開いて下から見たところ。適度な抵抗で動かせ、好きな角度で止められます。閉める直前の狭い角度では、ヒンジを動かすときの抵抗が小さくなり、マグネットに引かれてバチンと完全に閉じるなど、ちゃんと作り込まれてますよ。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Kickstand-fullopen

 キックスタンドを最大に開いたところ(キーボードなし)。Apple pencil使用時にはよい角度。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-stand-with-iPad-pro-10.5-inch

キータッチ

 キータッチはやはり、このサイズの製品としては良好です。キートップは、中央がわずかに窪んでいるので、指の収まりが良いですね。打鍵感は、Apple製品で言うと、現在のMacBookのバタフライ機構のキーボードよりも、MacBook Airのものに近い感じですね。ストロークも現MacBookのよりは深いです。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Keyboard-closeup

 中央が窪み、指の収まりがよいキートップ。

 当然、LEDで光ります。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-Keyboard-closeup-lightup

iPad Proに取り付けた外観

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-with-iPad-pro-10.5inch

 そしてもっとも気になる、重さは・・?

SLIM COMBO・・528g  

iPad pro 10.5 inch, cellular・・477g  

計 1,005g  

 惜しい! 1kgは切って欲しかった(>o<)

 実際の測定結果はこちらです。

Logitech-Logicool-Slim-Combo-iK1092BKA-with-iPad-pro-10.5inch-weight

1,008g。

 ま、MacBookの920 gを軽〜く超えてます

 でも、iPadにはMacBookと比べて、その重さを補って余りがある利点があるのです。それは、

  • Cellular版が選択でき単独でネット接続可

  • Apple Pencil等による手書き入力が容易

  • タブレットモードでは寝転んでも使用可

  • 裸だったら400g台と超軽量

  • 高画質カメラで写真を撮影できる

  • バッテリーも実働で10時間近く持つ、etc..

ですよね! 重さが苦になったときは、これを思い出しましょう(^^)/

9.7インチ版CREATEからの変更点

 良好なキータッチ等、変わらなかった部分がある一方、大きく変わった点があります。それは、9.7インチ用CREATEは、本体ケースとキーボード部分が一体型でしたが、本体ケースとキーボード部分が分離型になったことです。

http://ringodougu.hatenablog.com/entry/2017/09/03/231417ringodougu.hatenablog.com

分離型のメリット

 キーボード部分は、Apple純正のSmart CoverやSmart Keyboardと同様、容易に着脱できるので、映画や動画を観るときなど、キーボードが不要なときには簡単に外し、本体カバーだけを装着した状態で、キックスタンドを開いて立てたりして使用することができます。これにより、使用時の自由度は上がってますね。 あと、おそらく最大のメリットは、キックスタンド方式にしたことで、画面の角度を自由に変えられるようになったことでしょう。

分離型のデメリット

 ちょっと使いにくい?って思うところもあります。下にCREATEとSLIM COMBOの写真を並べました。左が9.7インチ用CREATE、右が10.5インチ用SLIM COMBOです。

Logicool-CREATE-and-SLIM-COMBO-Keyboard-Case-iK1082bk-iK1092BKA

 上の写真から分かると思いますが、手をキーボードのホームポジションに置いたとき、画面までの距離が、結構遠いです。実際、CREATEのときは、ホームポジションに置いたまま指を伸ばすだけで、画面下部にタッチできましたが、SLIM COMBOでは手自体を動かさないと画面タッチができません。これは以前の記事の追記部分にも書いたことですが、iOS11以降、Dockやマルチタスクを多用する上では、マイナスポイントかも知れません。慣れるかもですが。

 こう言っては何だけど、9.7インチ用CREATEの、あのオーソドックスな形状が、やっぱりコンパクトで可愛いいし、カッコいいですよね。キーボードは分離しなくていいから、使いやすくてカッコいいあの形状に戻して欲しい、と思いますね〜! 今9.7インチのiPad ProとCREATEを使っている方、それ名器コンビですよ‼️

まとめ

 今回は、10.5インチ版iPad Pro用のLogicool SLIM COMBO キーボードケース(iK1092BKA)をレビューしました。これまでの同社のキーボードケースシリーズと形状が大きく変更されているので、とまどうところもありますが、幸いキーボードとして重要なキータッチには大変満足なので、これも楽しさと思って、使っていこうと思います。

アマゾンの商品ページ

iK1092BKA iPad Pro 10.5インチ 2017年モデル対応 SLIM COMBO iK1092 Smart Connector テクノロジー搭載 取り外し可能バックライトキーボード付きケース ブラック

(もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。なおプロフィール写真は、私が小学生のころ(数十年前)のものです)

次の記事は...

ringodougu.hatenablog.com

記事一覧(ブログトップ)へ