りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

017. iPhone・iPadでメール本文をPDFに保存する方法

メールアプリのアイコン

 

Mailアプリについて

    皆さんは、大事な内容のメール、iPhoneやiPadではどう処理してますか?

   例えば打合せの集合場所とか、出張でのホテルの予約情報とか、一時的にすぐ確認できる状態にしておきたい場合など。

iOS標準のメールアプリなら、

  • メールにフラグをつける
  • テキストをコピーしてメモアプリ等に貼り付け
  • スクリーンショットで写真として保存する

などができます。 

PDFとして保存するのも簡単だけど

 特にiOS11からは、スクリーンショットの取り扱いが大幅に強化され、切り抜き(トリミング)、手書きの注釈や、任意のテキストを挿入した上で他のアプリに渡したりPDFとして保存できたりと、便利になりました。

 でもスクリーンショットでは、PDFとして保存できたとしても、内容は画像のままなので、文字列の検索はできません

 Safariなら「共有ボタン」の「PDFを作成」から、文字列検索が可能なPDFファイルを直接作成できるのに、標準のメールアプリではそれができないと勘違いしていたので、いつも不便だなと思ってました。
 一方、Readdle Printer Proなどの「PDF作成アプリ」なら、テキスト情報を含んだまま、PDFとして保存することができます。

 

標準メールアプリだけで直接PDFファイルとして保存する方法

 でも実は、別途PDF作成アプリを使わなくても、iOS標準のメールアプリから、メール本文を、テキスト検索が可能なPDFファイルとして保存できる方法があるって、知ってました?? 私は昨日までこの方法を知りませんでした。。

 その方法は以下のとおり(なお画像はiOS10以前のiOSでは確かめていませんのm(. .)m)。

 

 1)iPhoneやiPadの標準メールアプリでメールを開く


 2)「返信ボタン」を押し、メニューの「プリント」を選択する

iOS11メールアプリの「返信」ボタンとそのメニュー

 

 3)プリント設定ウィンドウの下部のプレビューをピンチアウト(拡大)する(重要!)

iOS11のメールの印刷設定画面でピンチアウト

   ここで、プレビューにある青いチェックマークをオン/オフすることで、ページを選んでPDF化することができます。

 

 4)するとプレビューが全画面表示される

iOS11のメールの印刷プレビュー

 

 5)「アクションボタン」「ファイルに保存」を選択する

iOS11のメールの印刷プレビューとアクションシート

 

 6)好きな場所に保存する

iOS11のメールのPDFをiCloud Driveに保存

 

 ↓↓このようにPDFが保存されました!(下の例では、Macのデスクトップと共用状態になっている「デスクトップ」フォルダに保存しています)

 

iCloud Driveに保存されたメールのPDFファイル

 

 7)保存し終えたら「キャンセル」でメールに戻る

 なお、iOSの「ファイル」アプリでは、保存したPDFファイルにも、手書き注釈やテキストを挿入したりできて、便利ですよ!

 ただ、現状のiCloudの機能では、検索の対象は項目名であり、コンテンツの全文検索はできないようです。全文検索の対象にしたいときは、iPhoneやiPadにReaddle Documents等のファイル管理アプリを入れると、可能になります(「Readdle Documents」で検索インデックスを作成するには、そのアプリが管理するiCloud フォルダに保存することが必要ですが)。

 

過去記事もご参照ください(^^)↓ 

 【iCloud Driveに保存したPDF等ファイルを全文検索の対象にするには↓↓】

ringodougu.hatenablog.com

 

まとめ

 いかがでしたか?
 SNSの普及でメールの出番は少なくなってきたとは言え、まだ全く不要というわけでもないメール。こんな便利機能も活かして、iOS機器をもっと活用したいところです。

 

(もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。なおプロフィール写真は、私が小学生のころ(数十年前)のものです)

 

次の記事は...

ringodougu.hatenablog.com

 

記事一覧(ブログトップ)へ