りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

129. iPadの画面カバー内側が汚れるのを防ぐ新しい折り方をご提案!

iPadの画面カバーが汚れる

iPadにカバーを着けて使っていると、画面カバーの裏側が汚れてきませんか?

これはご存知のとおり、画面カバーをスタンドとして使う際に、机面に接するためです。

特にカバー裏面には、傷を付けずにiPad画面の脂汚れを取るためのマイクロファイバーの布面が貼ってあるので、これがアダとなって、机の汚れもきれーにカバーの内側に拭き取ってくれちゃってしまうんです。いやだー(>o<)。

しかも汚れは毛の間に入り込むので、簡単には除去できません。

↓ぐわっ!こ、これはひどい。。(Procreateで描いた想像図です(^^;)

どうにかならないものでしょうか?

そこで、Apple Pencil収納対応の手持ちのカバー(しかもタイピングモード)に限ってのお話ですが、いいことを思いつきました。こんなんはどでしょうか??

画面カバーが汚れにくい折り方のご提案!

どうやるかと言うと、タイピングモードのスタンド状態にするとき、画面カバーのマイクロファイバー面を内側にするんです。(写真はiPad mini 5用の「Benazcap ZtotopCase」です→Amazonの該当ページ

↓↓↓ ほれ。

こうすれば、汚れはカバーの外側に付きますし、湿らせた布やティッシュで拭けば除去できます。

ただ、この折り方で安定したタイピングモードを保てるケースは、カバーの根本の長さに余裕のある、Apple Pencil収納スペースのあるタイプのケースだけかもしれませんが。。

↑ カバーの根本の長さに余裕があって、そこで作られるループによって、磁石で弱く固定されたカバーの先端がはまって、動かなくなるんです。

↓これは上述のZtotopケースで、マイクロファイバー面を内側に折った例です。カバーの外側が机に接触。非常に安定していて、上から強く押しても形崩れしません。

↓本来と違う折り方とは言え、見た目もいいと思うんです。

↓これは同じケースで本来の折り方をしています。机のとの角度は、上と同じ18度です。

↓本来の折り方(マイクロファイバー面が外向き)。

上の角度を表示している写真は、iOS/iPadOSの「メモ」アプリの定規の機能です。写真アプリにて予め机面を水平にし、これを「コピー」し、メモアプリにペーストし、定規を出して、角度の数字が出ている間に外付けキーボードでスクショを撮りました(⌘+シフト+3もしくは4)。

この折り方ができるのを確認したケース

以前の記事でご紹介した3つのケースで、この折り方が可能なのを確認しています。

もちろん、わたしが持ってない沢山のケースについては試していません。悪しからず。

↓ FINITIE iPad mini 5用Apple Pencil対応ケース www.ringodougu.fun

↓こちらの記事では、

  • 10.5インチiPad Pro及び10.5インチiPad Air用IVAPOケース
  • iPad mini 5用Ztotopケース

いずれもApple Pencil収納対応)の写真を載せています。

www.ringodougu.fun

Smart Coverではちょっと難しい

下の写真のように、Apple純正のSmart Coverでも、この折り方はできなくはありません

でも磁石の力だけで辛うじて形を保っている状態なので、上からの少し強い力がかかっただけで外れてしまいます。

まとめ

てことで、iPadカバー内側の汚れを防ぐ折り方をご提案させていただきました。いいでしょ??

最初は慣れなくても、さっと折れるようになるので、この手のケースを使っている方は、どうぞお試しくだされ!


もしよろしければ「読者になる」ボタンを押してくださいませ。


記事一覧へ