りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

110. iPadOSレビュー:iPadでマウスを使ってみた感想

iPadでマウスを使ってみた感想

今回のiPadOSでは多くの機能改善がなされてきました。その一つが(操作支援装置として)マウスを使えるようになったことです。

そこで今日は、数日間使ってみた感想を書きたいと思います。

タッチ操作をほぼ代替できる

iPadで必要になるタッチ操作のほとんどを、マウスのクリック、長押し、ドラッグで代替できてしまうんですね。

以下のようなジェスチャもマウスで代替可能。

  • iPadのホーム画面をフリックして切り替え

  • 画面上右端からドラッグしてコントロールセンター表示

  • 画面下から上へにドラッグしてDockを表示

  • Safari等でWebページをスクロールするときに(ホイールでコロコロだけでなく)フリックしてWebページをスクロール

  • ポップアップメニューはマウスボタンの長押し

で、これらのマウス操作は、言ってみれば、パソコンではあまりしない操作

なので大袈裟に言えば、iPadと言うパソコンとは異なる操作体系に、マウスと言う従来のパソコンを代表するデバイスを持ちこんで、パソコンとは異なる体験を提供しているような、そんな面白さがあります。

タイピング中の画面操作や細かい作業が楽に

iPadって、手に持っての画面タッチ操作は快適ですが、Smart Keyboardなどでタイピングしているときの画面タッチは億劫です。タイピング中は、横に手を伸ばしてマウスでカチカチする方が、画面の上の方に手を上げなくていい分、少し楽

またiWorkアプリで図形の大きさを変えたり位置を調整したりする場合など、指での作業が厳しいときは、これまでApple Pencilを使ったりしてきましたが、キーボードでのタイピング中だと、iPad本体の角度が急なので、Apple Pencilでの作業も少し難しい面がありました。でもこれもマウスならちょっと楽です。

マウスだけだとできないことも

でもマウスだとできない相談もあります。

たとえばプレゼン資料作成アプリ「Keynote」などで、スライド上に図形を5個配置したとします。このうち3つ選択(して位置を変えたり)したいとき。これがマウスではできないんですよね

↓Apple Keynoteで5つの図形のうち3つを選択した状態

Apple Keynoteで5つの図形のうち3つを選択した状態

マウスでひとつ選択しておいて、間髪入れずもうひとつを指で選択すれば、2個までなら選択可能です。でも飛び飛び配置の3個以上の図形を選択することは(なぜか)できません。

マウスでPopupメニューの「すべて選択」を選択すれば全図形を選択状態にできますが、不要な2個の図形を選択解除して3個だけ選択した状態にすることはできません。

【2019/10/2 追記 iWork複数図形の選択が可能に!】Keynote、Pages、NumbersのVer.5.2へのアップデートで Shiftキーもしくはコマンド(⌘)キーを押しながら、マウスで図形をクリックすることで、複数図形を選択することが可能になってました!!

これが指タッチなら、飛び飛び配置の図形でも、自由に選択可能(ひとつ指タッチして他を追加で指タッチすればよいから)。

また、iWorkなどで写真や図形などのオブジェクトを、複数の指でひねって傾きを変えてやる、と言う操作がありますが、これもマウスだけではできませんよね。

今後アプリのバージョンアップで、マウスによる操作でも可能になるかもしれませんが、現時点ではマウスのみではできない相談でした。

iPadにおすすめなマウス

iPadでAppleのMagic Mouseが使えるといいんですが、これは「設定」アプリに書かれているように非対応(下図)。Bluetooth接続はできても、スクロールが効きません。

↓iPadOSの設定アプリには非情なメモが...

先日、手持のマウスをiPhoneに接続した記事を書きましたが(記事No.106)、この中で個人的におすすめのものは、LogicoolのPebble M350です。

Logicool Pebble M350 メーカーサイト

普通の無線マウスですが、74g程度と軽い、厚さが薄い、単三電池1本で長く使える、iPadのバッテリーウィジェットで電池残量が分かる、上フタはマグネット固定でパクッと開けられる、Bluetooth接続に加えて無線USB接続も可能(PC等に挿せるドングルがフタの中にある)、色(グラファイト)はiPadアクセサリのチャコールグレーととても似ている、など魅力的な仕様です。ただ形が薄型なので、手のひらへのフィット感はあまり追求できないかもです。それを引いても、モバイル用途にはおすすめできます。

まとめ

ついにiPadでマウスを使うという、念願の機能を満喫する日々ですが、思いのほか快適です。もうマウス無しのiPadには戻れないくらい、iPadの使い方が変わってしまった、というのがiPadでマウスを使ってみた感想です。ではまた!


もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ


記事一覧(ブログトップ)へ