りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

102. Smart Keyboardの用途は変形で広がる(10.5インチiPad Air & Pro用)

変形で広がるSmart Keyboardの用途

今回は、iPad Pro 2018用のSmart Keyboard Folioではなく 「10.5インチiPad Air 2019」と「10.5インチiPad Pro 2017」共用の「Smart Keyboard」についてです。

タイピングが捗るSmart Keyboardですが、以前に、iPadを手前にパコッと引いて『ブラウズモード』にすると、Webブラウズの用途だけでなく、Apple Pencilが断然使いやすくなるよ!、という記事を書きました。

www.ringodougu.fun

実はソフトウェアキーボードのタイピングにも最適!

でもでも、2年近く使って感じるんですが、この『ブラウズモード』は実は、Apple Pencilだけでなく、角度がちょうど良いので、画面上に表示されるオンスクリーンキーボード(ソフトウェアキーボード)で入力する際にも、使いやすいと思うんですよ。

Smart Keyboardを変形してApple Pencilやオンスクリーンキーボードを使いやすくする

↑iPhoneの「計測アプリ」で角度を計ると、ほぼ30度。ちなみにSmart Coverを折り曲げてタイピングモードにした浅い角度(10〜12度)より、入力しやすく感じると思いますヨ!

まとめ

てことで今回お伝えしたいことは、10.5インチiPad Pro/Air用のSmart Keyboardは、タイピング中にサクッと変形するだけで、

  • Webブラウザ用スタンド

としてだけでなく、

  • Apple Pencil使用時のスタンド

  • オンスクリーンキーボードでタイピングする用のスタンド

としても便利に使えますよ!ということなのです。

お持ちの方は、是非試してみませんか?

なお、2018年版iPad Pro用のSmart Keyboard Folioについては、下の記事をどうぞ!

www.ringodougu.fun


もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。


記事一覧(ブログトップ)へ