りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

084. Smart Keyboard FolioをApple Pencilモードに

Smart Keyboard Folio使用中にApple Pencilを使いやすい形にサクッと変形する方法のご紹介です

以前の記事に書いたように、10.5インチ版iPad Proで(おそらく2019年版iPad Airでも)Smart Keyboardを使用中に、ブラウズモードなる形にすると、Apple Pencilを使いやすくなりますよね。

ringodougu.hatenablog.com

↓こちらは最初に「ブラウズモード」を提案されたFumi氏の記事 http://fum-s-tyle.com/ipad-smartkeyboard-review1.htmlfum-s-tyle.com

でもでも、2018年版iPad ProでSmart Keyboard Folioを装着しているときには、このブラウズモードのような角度にすることができず、Apple Pencilが少し使いにくいよね〜というのが悩みの種でした(小さい悩みだ)。

以前の記事では、キーボード自体を裏返す方法を書きましたが、これはちょっと無理がありました(無理な方法の記事↓)

ringodougu.hatenablog.com

でも今回、ふと気付いたんです。こうすればいいと!(もし既にこの使い方を見つけている方がおられたらすみませんm(. .)m)

その方法

その方法を説明します。こちらです↓

Apple PencilのためのSmart Keyboard Folioのたたみ方(How to fold Smart Keyboard Folio for Apple Pencil)

1)iPadをSmart Keyboard Folioの手前側のスロットに固定

Smart Keyboard Folioには、iPad Proを固定する場所が2箇所ありますが、キーボードに近い方にマグネット固定しておきます。

2)背面を外す

iPad Proの下端をSmart Keyboard Folioに固定したまま、うまく手で支えながら、Smart Keyboard Folioの背面の板をiPad Proから外します(最近は慣れてきて、左手で本体を支えながら、右上のカドっこから、指先の軽い力でペリッと外せるようになりましたよん)。

3)背面部分を折りたたんで差し込む

iPad Proを少し手前に傾けながら、背面の板を手前に折りたたんで、iPad Proが固定されている部分に差し込む、というか置きます。

4)iPad Proを寝かせて完成!

iPad Proの下端はSmart Keyboard Folioに固定したまま、iPad Proを寝せ、背面板で形成された傾斜面に立てかけることで完成です。

「ブラウズモード2」?

この状態では、Smart Connectorが外れた状態なので、Smart Keyboard Folioでのキー入力はもちろんできません。この時点でFolioは単なる高価なスタンドと化しています。なので文字入力はソフトウェアキーボードで行います。

手前にはみ出たキーボード部分が邪魔ですが、Apple Pencilは使いやすい角度だし、通常の状態との変形は比較的素早くできるので、便利ではないでしょうか???どですか??

「Smart Keyboard」での「ブラウズモード」を考案していただいたFumiさんに敬意を表して、この形態を「ブラウズモード2」とかに命名したいな、と思いまーふ。。

http://fum-s-tyle.com/ipad-smartkeyboard-review1.htmlfum-s-tyle.com

まとめ

てことで、Smart Keyboard FolioとApple Pencilを併用しやすくなる方法のご提案でした!


もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。なおプロフィール写真は、私が小学生のころ(数十年前)のものです。


記事一覧(ブログトップ)へ