りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

082. iOS12のバグ体験

iOSの変な挙動

自分の生活に不可欠となったiPadですが、最近オンスクリーンキーボードの反応が鈍かったり、ときどきプチフリーズしたり、挙動不審な点も目立ちます。

先日も私のiPad(10.5インチiPad Pro)が不審な挙動をしたのでご紹介します。

時計の短針が。。

先日真夜中に

ふーーーっ

と眠りから醒めたとき、目の前が異様に明るく感じたので、

すーーっ

と目を開けると、寝ている顔の上の空中に、何と、iPadが浮かんでたんです。

ギャーーっ!!

と叫びそうになりましたが、そうそう、アームでベッドに固定してるのでした。

あー怖かったなーびっくりしたなーー

と、安心したのも束の間、

ふーーーっと、何時かな〜?と思い、

指紋認証のボタンに指を置いて、

ぽちーーーっ

とiPadの画面を灯けてみると、

Dockにある時計が、め、目を疑うような時刻を指していたので、

うわっーーっ!!

叫びそうになりました(叫ばなかった)。

お分かりいただけただろうか。。

長針は9分くらいを指しているのに、短針は2時40分くらいを指している。本当は3時09分なのに!!

まるで、同じiPadにありながら、長針と短針が別次元のパレレルワールドに行って戻って来たかのよう。。

行かねーよと。戻らねーよと。

とりあえずスクリーンショットを。

でも単なるスクショでは本当の時間が残らないので、スクショ画面を見ている画面を更にスクショを撮影しました。

そしたらそのまま、

ふーーーーっ

と、再び眠りに落ちてしまいましたzzzzz。

〜〜〜〜〜〜

チュンチュン、チュン。

翌朝あらためてiPadをつけてみると、時計は正常

でも残されたスクリーンショットを見て、寝ぼけてたわけではなかったーーと、妙に安心したのでした。

まとめ

みなさんもApple製品の不思議現象(バグ)に出会ったら、Appleさんに報告しましょう!。めんどうだけど。


もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。なおプロフィール写真は、私が小学生のころ(数十年前)のものです。


記事一覧(ブログトップ)へ