りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

061. iPad用ノートアプリNotabilityの便利機能

迷ってしまうiPad用手書きノートアプリ

iPad用の手書きノートアプリは沢山ありますが、特に高機能で使いやすいのが、

  • GoodNotes 4 or 5

  • Notability

  • Noteshelf 2

の3つでしょうか。

GoodNotes 5

GoodNotes 5

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥960

Notability

Notability

  • Ginger Labs
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

Noteshelf 2

Noteshelf 2

  • Fluid Touch Pte. Ltd.
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

どれもバージョンアップを重ねて、もはや手書きメモやPDFに注釈を加えるだけでなく、日本語を含む手書き文字の検索・テキスト化や音声録音など、ひととおりの便利機能を備えています。

でも、当然使い勝手は少しずつ違いますし、それぞれに優れた点もあったりして、どれが自分に合っているか、迷うところです。

私もこの3つのアプリを比べながら試してきたんですが、このtabi、Notabilityの機能に「これは便利!」と思うものがあって、これが自分の使い方に合っていたので、こりゃいーやと言うことで、ご紹介したいと思います。

2つのノートを自由な比率で並べられる

Notabilityのその機能とは、2つのノートを並べられる、と言うもので、「マルチメモ」と言うそうです(公式サイト)。

つまりSafariのように、「アプリ内Split View」みたいな表示ができるんです。iPadで資料を参照しながら手書きノートを取るときには、これは超便利機能だと思うんです。

もちろんGoodNoteであれば、沢山のノートを開いたままタブで切り替えて使えるし、Noteshelfでも複数ノートを素早く切り替えられます。そもそも別アプリ2つを開いてSplit Viewにすれば、同様の機能は再現できるっちゃできるんですけどね。

でも1つのアプリで2つノートを同時に表示できるということは、(その横にもう1つアプリを置けるし、煩わしくない等)それなりにメリットもあると思います。

やってみよう

ではどんな感じか見てみましょう。 ↓Notabilityでノートを開いたところです。

iPad版Notabilityの画面

↓ここで左端をスワイプすると、他のメモに切り替えるためのメモスイッチャーが表示されます。

スイッチャーなので普通はどれかのメモ(ノート)をタップしてそのメモに切り替える用ですが、ここでは一覧の中の1つをドラッグします。

iPad版Notabilityのメモスイッチャー

↓すると画面が分割され、、、

iPad版Notabilityで2つのノートを表示

↓ ノートを2つ並べられました。つまり資料のPDFを参照して注釈を入れつつ、別のノートに手書きノートを取るということが可能になるんです。

iPad版Notabilityで2つのノートを表示

もちろん、2つのPDF資料を見比べながらそこに書き込みを入れることも可能です。これってすごく便利だと思うんですけど(^^)?

↓分割比は、自由に変えられるし、、

iPad版Notabilityで分割線を動かす

↓ドラッグ&ドロップしなくても、メニュー指定でも可です。

iPad版Notabilityのメモスイッチャーメニュー

macOS版も安定してる

iOS版はiPadとiPhoneで使用可能ですが、macOS版もあります。動作は安定してますよ。なお、こちらは1ウィンドウ内での分割表示できないけど、元々マルチウィンドウで表示できるから、そもそもiPadのような苦労はしなくてよいんですけどね(^^;。

macOS版Notability

まとめ

GoodNotes、Notability、Noteshelfはいずれも高機能で、それぞれ光るところがあるので、試して気に入ったものを使うのが吉かと思います。

「フットワークが軽く、快適に手書き入力できるiPad」であっても、上記のような「資料PDFに書き込みつつ、別ノートに手書きする」と言う、本来パソコンじゃないと難しかった作業が、またひとつ可能になりつつある、と言う気がします。

(もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。なおプロフィール写真は、私が小学生のころ(数十年前)のものです)

次の記事は...

ringodougu.hatenablog.com

記事一覧(ブログトップ)へ