りんご道具な生活

iPhone・iPad・Macをもっと活用しよう

040. iPhoneやiPadのSafariでWebページを複数ページのPDFに無料で保存する方法

Safariで作ると縦長いPDFになる

最近のiPadやiPhone(iOS11と12)では、Safariで表示しているWebページを、PDFファイルとして簡単にiCloud Driveなどに保存することができます。でもでもでも。得てして縦長いので、閲覧しにくいときがありませんか?

Safariで普通にPDF作成すると

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

Safariでは、デフォルトの機能でPDF保存できるので便利なんですが。。

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

Webページを1ページのPDFとして保存するので、ページによっては非常に細長く、閲覧しにくいファイルになってしまいます。

Webページ自体には、ページ区切りがないので、合理的?

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

こ、これじゃない感。。。

そこで!各ページに分かれた普通のPDFファイルを簡単に作る方法

そこで、ページに分かれた「普通の」PDFファイルを簡単に作る方法のご紹介。もちろん、サードパーティー製の印刷アプリや、PDF化アプリを使う手もあります。でもここでは、元からiOSに備わった機能で解決します。

「プリント」を使おう

そう。実は「記事No.17 Mail:本文をPDFとして保存する方法」でご紹介したのと同じなんですが、プリント画面を使うんです。

ringodougu.hatenablog.com

おさらいすると、印刷したいwebページを開いたSafariで、共有ボタンをタップし、「プリント」を選びます(実際にプリンタは無くてもOKです)。

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

ここで、PDFにしたくない不要な部分については、青いチェックを外すことで、PDFに含めないようにできるのもポイント。

なので、Webページを印刷するときによくある、最後のページがほぼ白紙、などという事態は避けられます。

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

そしてここからが重要!

普通なら気付かないところですが、印刷プレビューの部分を、指で広げます(ピンチアウト)。どひゃ。

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

すると何〜てこったい。ページごとに分割されたPDFがプレビューされます!

そしてこの画面の右上の共有ボタンを通じて、PDFファイルとして保存するだけです。

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

もちろん「メール」を選んで送信してもいいし、「Documents」等に保存してもいいんです。

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

PDFを保存したり他のアプリに渡したりが済んだら、プリント画面に用はないので、「キャンセル」で閉じます。

iOS11Safariでページに分かれたPDFを作る

↑Webページのタイトルがファイル名になってくれることもポイントです。

この技は、AirPrintの「プリント画面」に行けるアプリなら、どのアプリでも応用可能です。

「リーダー表示」にしてPDF化

Safariのアドレスバーの左端にある4本線のボタンを押すと、広告や左右のカラムなどが省略され記事本文のみの「リーダー表示」になります。

この状態でPDF化すれば、広告が省かれた記事内容だけの無駄のないPDFファイルとして保存できます。

余談:macOSとPDF

そもそもiOSの派生元であるMac OS X (現macOS)は、2000年前後の開発当初から、画面描画にPDF関連技術(Quartz)を採用してきただけあって、PDFと親和性が高いので便利です。

実際macOSでは何も追加でインストールすることなく、デフォルトでプリント画面から直接PDFファイルを作成できるし、macOSの「プレビュー」アプリでは、左カラムに表示した各頁のサムネイルをドラッグ&ドロップすることで、ページの移動、追加や削除、他のPDFファイルへのページコピーが超簡単に行えますからね。

だからPDF資料の管理がやりやすいし、Mac上でiCloud Driveに入れれば、そのままiPhoneやiPadで閲覧したりアンダーライン入れたりできるので便利なんですよね!

まとめ

てことで今回は、iOSのSafariで縦長くない、ページに分かれたPDFファイルを作成する方法でした。もちろん、AirPrintの「プリント画面」に行けるアプリなら、どのアプリでも応用できます。

こうやって指で画面タッチして操作していると、この操作感がiOS、特にiPadの味のひとつだと改めて思います。マウスやトラックパッド越しに効率的に操作できるmacOSとは少し違って、操作の楽しさにつながっている気がしますね。ではまた!

(もしよろしければ「読者になる」ボタン(最上端もしくは下の方にあります)を押してくださいませ。なおプロフィール写真は、私が小学生のころ(数十年前)のものです)

次の記事は...

ringodougu.hatenablog.com

記事一覧(ブログトップ)へ